一時キャッシングで家賃を支払う

消費者金融はサービスの一つとしてキャッシングを提供しています。キャッシングとは主にお金を借りることができるサービスで、クレジットカードとは異なりATMなど銀行口座から引き落とすかのように現金を引き出すことができます。コンビニでもお金を借入できるため利便性は高くなっています。

また、基本的にキャッシングを利用する時は審査を受ける必要があります。審査とは安定した収入があるか否かなどを消費者金融が調査を行います。従来では店頭まで足を運び審査を受けるのが一般的ですが、現在ではインターネットから審査や契約を受け付けてくれるところもあります。インターネットを利用して審査を受ければ他の人にお金を借りているところを見られる心配がないので、親御さんや友人に気づかれないように行動をすれば心配をかけることは少なくないです。

キャッシングは金利が高いので利用すると負担が大きいのではないかと疑問を持たれる方も多いです。確かに銀行系などの審査が厳しいところよりも、金利が高い場合もありますが、今では一定の条件を満たせば無利息でキャッシングを利用できるところもあります。各消費者金融によって無利息期間は様々ですが、一時的な借り入れであれば無利息期間のあるキャッシングサービスを利用することで家賃を滞納することなく準備でき、無利息期間中に返済すれば利息を取られず全く損がありません。ただ、設定された期間を過ぎるともちろん利息は発生しますので、借り入れの際はきちんと計画をたてて、上手に活用しましょう。

 

友達や親から借りて家賃を支払う

家賃の支払いを工面する方法の一つとして挙げられるのが友達に借りることです。基本的に友達がいない方はこの方法を選択することは難しいですが、高校からの親友や会社の同僚など、友達がいる人は多くいます。友達の中には困った人に手を差し伸べてくれる可能性があります。身近であればお金を借りたとしてもお互いに信頼性があるケースが多いので貸してくれる可能性があります。しかし、お金に対して敏感な人も多く、もし友達に返済ができない場合、これまで築いてきた友情関係に亀裂が入る可能性もあります。また、しっかりと返済をしていても不信感を抱かれる可能性もあるので、友達からお金を借りることをあえてしないという人も多くいます。

友達から借りる方法以外として挙げられるのが親御さんから貸してもらう方法です。親御さんの中には子供を大事に想っている人も多く、子供の困りごとに手を挿し伸べてくれる方も多いです。しかし、30代前半や後半の方の中には親には迷惑をかけたくないという人や心配をかけたくないという方も多くいます。実際に親御さんに相談をすればお金で困っていることに気づかれてしまう可能性もあります。

友達や親御さんから借りられないと思う人は一時キャッシングの利用を検討されてみてはいかがでしょうか。

家賃は毎月かかる生活に必要な費用

家賃は主に賃貸住宅に住んでいる人が毎月、大家さんにそのスペースを貸してくれている代わりに支払う費用です。それぞれのお住まいの地域や物件などで毎月の家賃は変動します。例えば、都市部または市街地から離れた地方の物件に比べて、通勤通学に便利な場所は値段が高くなる傾向があります。基本的に人はプライベートのほとんどの時間、住宅で暮らすことになるため、多くの方が利便性の良い場所の住宅を借りたり購入したりしています。住宅を一括で購入できる人は少なく住宅ローンを組んでいる方が多いです。住宅ローンを支払っているご家庭でも家賃のように毎月ローンの返済を行います。

基本的にお仕事をしている人は給与が入った時に月にかかる支払い分を除いて生活をするのが一般的です。例えば給与が10万円で家賃が6万円、光熱費が1万円かかる人は残りの3万円で1ヶ月生活をすることになります。しかし、普段から支払いのことを考えて生活をしている方でもご祝儀などの急な出費によって家賃が支払えなくなる可能性もあります。もし家賃を支払うことができなければ大家さんに迷惑をかけることになります。また、1ヶ月ではなく数ヶ月滞納することになると退去を命じられることもあるでしょう。

もし家賃を支払わなければ迷惑をかけて、最悪のケースでは退去になるためなるべくお金を工面したいと思われている方も少なくないでしょう。ではどのように工面をすればいいのでしょうか。今回は家賃の支払いで困った時の工面方法について紹介をします。